足関節痛 文京区長谷川整骨院 痛み専門の治療院

足関節痛のカテゴリーです。

足首の痛み・足関節捻挫・ランニング障害

ランニングをされる20代男性。

ランニングをしていると足首が痛み
最近は歩行でも痛むようになったので
自然に治るのを待ってはいたが
無理そうなので来られたようだ。

直接の原因はランニングの走行時
高い段差を飛び跳ねて着地した時と話される。

およそ半年前の負傷だが
検査すると明らかに損傷原因で痛みが誘発される。
痛みが取れない原因を話し、自然治癒は殆ど無い事も伝える。
実際、この半年間痛みを我慢してランニングをしていたので
早く治療すれば良かったと小声で話された。

施術は痛みを確認しながら行い、
改善している事を激しい動作で覚えていただく。

施術と検査を何度も繰り返し行い
1回の施術で激しい動きの中でも痛みが無くなるようになる。

次の来院時には少し痛みが戻っていたが
合計4回の施術によりランニング、歩行を含めた
日常生活での症状は消失した。

その後の施術は必要性が無い事を伝えたが
念のため、2週間後に施術する事とした。


関節に問題があったなら
必ず治療しないと自然治癒は無いでしょう。




当院へは近隣の豊島区・板橋区・北区・荒川区・台東区・練馬区・新宿区・渋谷区・千代田区からも便利です。


JR山手線・巣鴨駅下車徒歩6分 近くにコインパーキングがございます。

スポンサーサイト

2012年07月08日 トラックバック(-) コメント(-)

足首が痛い・長引く捻挫の痛み・足関節捻挫

足関節捻挫でご来院の方
受傷後、3週間経っても良くならないとの事。

長い正座の後に
立ち上がった際ふらつき踏ん張りきれずに転倒した模様。

今迄の治療では
しっかり矯正してもらい
固定もされたようで
治っても良い頃なのにと話され
患者さん自身、良くならないのが不思議に思われていた。

発生機転と痛み方から鑑別し、
施術と痛む動作を交えて確認を行なう。

初回、3回目の施術確認で改善しなかった原因を断定する。
その後、説明しながら施術を繰り返す。

初回の治療で足を引く事なく帰られる。

2回目でほとんど痛みは無くなり
3回の施術で終了した。

最初に通院した整形外科では
よくある捻挫の場所を傷めてますから
大丈夫と話されたようでしたが、
1番の原因は爪先での踏ん張りにありました。



当院へは近隣の豊島区・板橋区・北区・荒川区・台東区・練馬区・新宿区・千代田区からも便利です。




JR山手線・巣鴨駅下車徒歩6分 近くにコインパーキングがございます。

2011年05月18日 トラックバック(-) コメント(-)

足関節捻挫 歩行痛 足首の動きが悪い

運動時の接触で痛めた足首の捻挫
整形外科の診断で骨には異常がないので
安静と湿布の処置を伝えられたが数日経っても
ランニングや歩行障害があるので来院。

捻挫で発生した背屈障害あるので、この部分を改善させないと
何時になってもこのまま変化ないことを話し、
骨模型と解剖図を使い詳しく説明する。

施術前に再度歩行させてから施術を行う。
伏臥位で持続施術、その後仰臥位で原因となるところを
持続圧で整復し、その姿位で足首の運動をしてもらうと、
うまく反れている事を本人が確認する。
前方のすべりに関係する筋群を調整し安定させ、
もう1度、持続圧を行う。
今度は歩行をさせると、先ほどの不安定な歩行と違い、
しっかりと歩かれている。痛みもないとの事。
再度施術を行う必要性を伝え、3回の施術で終了した。

足首捻挫によって、このような症状が残っている
患者さんは少なくありません。
それにより、膝、骨盤、腰部から背中、頚部と原因不明となる
痛みが現れる場合がありますので、
早期施術をお勧めします。


当院へは近隣の豊島区・板橋区・北区・荒川区・新宿区・千代田区からも便利です。



2009年11月29日 トラックバック(-) コメント(0)

足関節痛・走ると痛む・足首痛

足関節周囲の痛みで来院される方が
月替わりの前後で5人来られた。

その内の4人が回内足。
1人の小学生は整形外科を2か所受診されたようだが
特に異常が見当たらず、原因がわからないので
様子を見て下さいと言われたようだ。
昨年の11月からの痛みが治まらないので、
不安になり、ネットで調べて来院された。

どんな症状なのか、少し期待していたが、
鑑別すること1分で原因がわかる。
正直、整形外科でもすぐに判断できる症状だと思うので
残念であり来院された小学生が気の毒に思えた。

確かに症状がわかっても、電療やテーピング、パット以外
しない所もあるので何とも言えないのだが・・・。

最近診た重度の腱鞘炎の方も、レントゲンで確認したら異常なく、
結果は腱鞘炎。出来れば頚椎の検査をしてほしかったのだが、
頚椎のレントゲンは不要との事。
それなのに骨粗鬆症とリウマチ検査をさせられた。
問診したが、これらの検査は必要ないと思ったが、
あくまでもドクターは偉いので何も言えません。。 案の定、異常なし。
この症状の患者さん、患部の関節の調整と連動する関節を調整し、
痛みから解放。

先ほどの小学生、軽度の徒手検査で誘発させ、
原因を骨模型と図で説明。
ビジョン膝を指摘し改めるよう指導する。
回内足も施術前後で確認させ、2回の施術で強い熱感が消失。
回内足は5回の施術で順調に改善。痛みなし。

他の患者さんも施術と癖を徹底指導し、すぐに改善。
もう1人の方、履きなれない靴で長時間歩行、
それにより痛め、やっとの思いで引きずりながら来院。
あまりの痛みだったのだが、
鑑別しても捻挫や細菌感染などが見当たらない。
回内足が強い原因で局所の筋が炎症と断定。
温めたんじゃないですか? と問うと、
ゆっくり時間を掛けてお風呂に入った後だった。

刺激が強いと悪化するので、水で冷却。そして施術も行う。
帰りの際、少し足をかばってはいたが、楽そうに歩いて帰られる。
翌来院時は何も無かったように普通に歩いて来られた。


症状によっては、個々の癖を見つけだし、
生活習慣を指導するだけで改善します。
症状によっては関連部の固定した原因もあります。
どちらにしても、早期の来院をお勧めします。


当院へは近隣の豊島区・板橋区・北区・荒川区・新宿区・千代田区からも便利です。









2009年02月14日 トラックバック(-) コメント(0)

筋挫傷

30代 男性

バレーで捻挫をしたとの事で来院
受傷後2日経っているが腫れがない
歩行痛もない
足関節を確認すると捻挫では無さそうだ
前足部に抵抗加えると痛む、脱力だと痛まない
踵骨隆起部の圧痛確認
立位で爪先立ちが最も痛む
膝周囲と下腿筋確認すると負傷部は踵付着部のようだ。

足首近くの痛みなので捻挫と思ったようだった。
2つの手法後確認、あまり変化なし
変化ないせいか跳躍の動作も出来ず。

その後○○法で少し改善、数分後かなり改善
爪先立ちが不安ながらも出来る
そして○○を数分行い確認する。
帰り際跳躍の動作確認すると痛みがなくなっていた
今日は痛む動作を避けるように指導し、注意事項も伝え帰られる。

数日前も同じような症状があったが
跳躍までは出来なかった。
程度にもよるが早期改善のため、
技の極めをより心掛けたい。



当院へは近隣の豊島区・板橋区・北区・荒川区・新宿区・千代田区からも便利です。


2007年11月05日 トラックバック(0) コメント(0)