文京区長谷川整骨院 痛み専門の治療院

痛みや症状に合った根本治療、整体であなたの痛み解消します。ランニング障害,成長痛,オスグッド,シンスプリント,椎間板ヘルニア,ギックリ腰,坐骨神経痛,交通事故,歪みでお悩みの方。東京都内,近隣県からも来院されます。      

ギックリ腰(腰部捻挫)

20代 男性

不良姿勢で重い物を持ち上げた時負傷、その後一ヶ月くらい調子が悪く昨日あまりに痛く今日来院した。

歩行は出来ているが前屈が殆ど出来ない、反る動作は恐る恐るだが出来ている。痛い場所を触ってもらうと左腰部、確認すると椎間板ではない。寝返りはかなり痛そうだが安静時の痛みはなし、内科的疾患が無い事も確認し施術開始。

伏臥位時胸腰椎移行部で大きな歪みがある。
仰臥位での寝返りは痛む、反対側からの寝返りは痛くない。左向きからの寝返りが痛むので○○の捻れの角度と連動を意識し手法施す。全く痛まない所を探し5回行った。その後同じ動作をさせると痛くない。今迄の痛みを覚えているので恐々動いている。不安な気持ちがわかるので、軽く肩部と腰をそっと触れて安心感を与え普通に動いてもらうとスムーズに寝返り出来た。もう1回同じ動作時も痛みなし。

最後に立位で確認、前屈は先程より出来てはいるがやはり不安な顔。
少し○に捻りながら前屈するのが一番嫌ですよね?と聞くと・・そうなんですよとその動作を行い始めた(笑)
あの胸腰椎移行部の歪みが物語っている!!
この動作でも対側は傷まない、全てがそうとは言えないが椎間関節の捻挫と判断。ここでも同手法を5回行い確認させる。すると全く痛みなし。同じ動作を再度確認し施術を終了した。

帰り際、楽に靴履けてますよ・・と一言言い残し帰られた。

今日のような患者さんは本当に多い。
しかし椎間板を負傷していなければ早期に改善する。
負傷原因は動作にあるが、本来の身体の動きが出来ていない。
腰痛の場合多くの整形外科や治療院は患部だけしか治療しない。
全体を診る熱心な治療家も増えてもおります。

動作時の負傷が多いと言うのは動作時の身体に問題がある。
○○の柔軟性が失われると特にダイレクトに下部腰椎がストレスを受ける事になります。習慣的な負荷となれば負傷は避けられません。

この療法は一つの疾患でも全体の施術を行い、身体の静や動どの状態にも対応が利くので早期改善できるのでしょう。



近隣の豊島区・板橋区・北区・荒川区・新宿区・千代田区からも便利です。

スポンサーサイト

2007年10月31日 トラックバック(0) コメント(0)

椎間板変性症

70代 女性

3週間前から大腿部から膝下あたりが痛くなり来院
歩きたいが痛みが気になり長く歩けないとの事。

大腿部の痛む動作をさせるが見当たらない。
健側と比較するがさほど変化なし。

じっとしている時でも痛むんじゃないですかと聞くと、そうです、歩く時と同様に気になると話される。

立位で前後屈させると痛そうだ、可動域があまり感じられない。
躓く事は無い様だが、腰部も疑いながら手法を施す。

椎間板の手法では施術毎に可動が良くなっていく。
4回目来院時の確認では大腿部の痛みが嘘のように無くなって来ていると話される。

7回の施術で全く痛みが無くなった様だ。

あと少しは施術を行いたいようなので、継続する事にした。

前後屈の動きが少なくなる事はおそらく椎体に骨棘ができ、上下椎体の間の椎間板が変性し潰れ、動きが悪くなったと思われる。

この様な症状は、加齢に伴い発症する。
しかし椎間板の手法を施せば早期に改善出来ると思う。

整形外科のレントゲンで加齢により治らないと言われても諦める事はありません。正しい治療で早期改善出来るでしょう。




当院へは近隣の豊島区・板橋区・北区・荒川区・新宿区・千代田区からも便利です。

2007年10月27日 トラックバック(0) コメント(0)

足関節捻挫

20代 男性

サッカーの練習中に捻挫、10日経過しても治らず来院

診ると脛腓靭帯と後距腓靭帯の損傷を確認。
6月にも捻挫をし違和感が残存しながらの再負傷だった。

歩行時の痛みは無く、キックの時痛む。
痛む動作をさせるが強い痛みが確認できない。
つま先立ちの痛みがわかりやすい。
思い切って正座をさせると全く座れず、体重を乗せられない。

痛みの確認を済ませ、手法を行う。
手法を行いながら確認、あまり変化無く捻挫の手法2方向施す。

すると正座時に半加重出来るようになる。
その後3回同手法を施し確認すると、痛みが殆ど消失。
つま先立ちも問題なし。

一応再診の予約を行い帰られた。

整形外科で治療されたようだが湿布の処置だけのようだった。
捻挫により関節の不具合は必ず起こります。

レントゲンで異常なければ安心と思う事は間違いでしょう。
当院にはレントゲン撮影後、治療に来られる方が目立ちます。
早期改善には的確な治療が必要になります。



近隣の豊島区・板橋区・北区・荒川区・新宿区・千代田区からも便利です。

2007年10月24日 トラックバック(0) コメント(0)

ギックリ腰(腰部捻挫)

50代 女性

無理な姿勢で重い物を抱え込んだ時に負傷

来院時、すり足歩行に前傾姿勢
歩くだけでも痛い
観察すると全く身体を反れない、右回旋も出来ない。
しかし椎間板では無さそうだ。

伏臥位にさせたが辛いとの事であえなく断念
寝返りも痛い。
痛みを確認しながら基幹の型を行う。
その後起き上がる為寝返りを行なうが痛い。
そこで反対側から寝返りしてもらうと痛くない
再び仰向けになっていただく。

手法の一つ○○転位を施しながら痛みある側に寝返り・・・
もう一度的確に行う、その後確認させると・・
あれれっ簡単に寝返りしてしまう、しかも速く!!(笑)

その後立位で確認。
先程痛かった右回旋は全く痛まない。
反らすと随分出来るがまだ残っている
ここでも先程の手法を確認しながら5回程行い
ようやく痛みが無くなった。

念のため注意事項を伝え、何事も無かったかのように帰られた。





近隣の豊島区・板橋区・北区・荒川区・新宿区・千代田区からも便利です。

2007年10月20日 トラックバック(0) コメント(0)

慢性関節リウマチ

60代 女性

リウマチ特有の症状、朝の両手こわばり、各所関節の動きが気になり来院。

手指の関節の炎症でしばしば痛みがあり、軟部組織、特に腱鞘がおかされている。PIPの痛み、朝以外に昼寝後の動きも鈍いようだ。まさにリウマチの典型的症状だ。

施術は基幹の型で苦痛の箇所はいくつかの手法も施していく。
○○法と○○捻転は特に効果的だ。

やはり頸部がガチガチに張っている。
2回の施術で朝の手指こわばりが減りだす。
その後徐々に改善に向かう。
頸部の張りの改善はあるのだが施術後の持続性が少ない。
生活習慣の注意点、特に屈筋の使い過ぎに気を付けるよう指導する。
症状は日々楽にはなっているが、もっと改善できるよう努めたい。

2007年10月17日 トラックバック(0) コメント(0)

指関節捻挫

40代 男性

朝シャッターを開ける時に負傷
違和感、指の曲げが悪いとの事

発生機転は開ける時、
低い位置から片手で強く引き滑って負傷。
異常な捻りはなく、3指屈曲だけの負傷。
DIPとMPは異常なし
PIP少しの靭帯の負傷はあるが、
PIP関節に○○があるようだ。
きっちり固定、手法を一つ施す。
確認すると屈曲が楽になる。もう一度行う。
少し残るので○○しながら行うと痛みなし。
終了。
夕方もう一度来院
確認すると痛みなし。

この程度の負傷は軽症、1、2度の施術で終わる事が出来ます。
しかしそのまま待っていても改善はしません。
また、行く所によっては湿布だけの処置も多くあります。
早期の改善には治療内容の見極めも大事でしょう。

2007年10月13日 トラックバック(0) コメント(0)

めまい

70代 女性

めまいが主訴で来院
身体がフワフワしたり浮いた様な感じがする。
歩行時もいやな感じがするようだ。

問診や検査をすると
メニエールや突発性難聴、脳底動脈や中耳炎でもなさそうだ。

多少平衡感覚は低下するだろうし
小脳機能低下は許容範囲と思う。

病院は2件行かれて特に原因が分からないとの事。
内科的な検査も済んでいるので
特別悪い疾患でもなさそうだが、
注意深く観察が必要だ。
フワフワする事を訴えているので起立性のめまいを疑う

初回の治療は基幹の型で対応。
肩背部の張りが強く、頸椎の歪みも大きい。
現在の歪み、症状を強く説明。

次回来院時、初回の治療後からめまいがないと話される。
初回同様施術を施す。
その後も施術後3日程はめまいがないが、4日と持続しない。
手法の一つを長めにかけると持続性があった。
10回の治療で改善できたが、少しの間、
週1のペースで施術を行いたいようだ。
2週に1度でも良いと思うが、経過を見守ろうと思う。



当院へは近隣の豊島区・板橋区・北区・荒川区・新宿区・千代田区からも便利です。


2007年10月10日 トラックバック(0) コメント(0)

上腕骨外側上顆炎(テニス肘)

40代 女性

重い荷物を長時間持ち負傷
伸展、牽引ストレス時に痛むようだ。

30年近く前から季節の変わりめや熱発時も必ず痛いとの事。
この負傷箇所が一番患っているようだ。

まず痛む動作を確認。
肘関節をすべて伸展出来ないが手関節伸展と回外抵抗加えると患部付近で痛みがある。伸筋群によって微細な外傷が反復的にストレスを与えているのだろう。
スポーツ選手でなくともおこる、テニス肘の疑い。

痛みの確認後に手法を行う。
○○法に患部周囲の○圧も加え確認、痛みが軽減、簡単そうでやさしく行っている手法なのに痛みが取れているので不思議そうにしている。
今迄何度か他院で治療していたせいもある。
その後動○○位で伸展の改善を施す。
なかなか完全伸展位にはならなかったが、痛みの確認ではかなり良くなっていた。

まだ3回の施術だが来院時より7割改善したようだ。
あと数回掛かるだろうが早期改善に努めたい。


近隣の豊島区・板橋区・北区・荒川区・新宿区・千代田区からも便利です。

2007年10月05日 トラックバック(0) コメント(0)

坐骨神経痛

70代 女性

変形性腰椎症、頸椎症で来院。

初診時、両側下肢にシビレ、歩くのが辛い。両腕に力が入らない。

初回はあまりの苦痛のせいか元気がなく、不安でいっぱいのようだった。まずは聞き上手に徹し、ひたすら聞く。

気が済んだ頃を見計らって検査。
歪みを確認させながら、今までの苦痛の原因の一つを語り始める。

時々は隙を与え話も交え、勝負どころはビシッと決める(笑)

施術しながら歪み、痛みやシビレの確認。流れるように行う(説明)
このくらい手法がスムーズに流れたらいいのだが・・・

5回程の施術でシビレが半分改善、歩行が楽になり嬉しそう。

10回目で一番気になっていた階段歩行がスムーズに歩けるようになった。 もう少し施術が続きそうだが、流れるような手法にも心掛けたい。


近隣の豊島区・板橋区・北区・荒川区・新宿区からも便利です。

2007年10月02日 トラックバック(0) コメント(0)