文京区長谷川整骨院 痛み専門の治療院

痛みや症状に合った根本治療、整体であなたの痛み解消します。ランニング障害,成長痛,オスグッド,シンスプリント,椎間板ヘルニア,ギックリ腰,坐骨神経痛,交通事故,歪みでお悩みの方。東京都内,近隣県からも来院されます。      

膝関節痛・半月板損傷の疑い・手首痛

50代女性
病院の検査では半月板損傷
3回通院したが、変化なく来院される。
来院時、膝の運動が殆ど出来なく
足を引きずって歩いて来られた。

触診と徒手検査で著しい疑いは診られない。
膝窩中心に緊張がみられたので
健側下肢の反射を使い拮抗筋に刺激を送る
徐々に可動が付いたところで
患側下肢を直接施術。

施術中、可動がだんだん大きくなるのを確認
途中歩行で確認
数回行い、歩行させると少しの違和感が見える程度に改善。
荷重痛は無いのだが、今迄の痛みを覚えているので
歩行中、不安を感じるのでしょう。

2回目来院では全く痛みが無かったので
日常の諸注意を伝え、終了とした。

結局、半月板損傷ではありませんでした。



30代女性
1ヶ月前にバク転で手首を負傷
近所の整骨院で3回通ったが
変化がないとの事で来院された。

観察すると手を付いて体重をかけられない。
衝撃によって、とう骨手根関節、とう骨近位部も変位

初回の施術で少しだけ体重がかけられる。
3回目の施術で半荷重できるようになる。

合計6回の施術で8割改善したとの事
インストラクターで、仕事上負担を掛けながらの治療だったが
多忙で、ここまで改善したら使えるとの事で終了した。

怪我の場合は、特に完治まで施術する事が大事だが
体の構造に詳しい方だったので
骨模型を使い、今回の怪我の変位を説明。
おそらく理解して使われるので
改善に向かうと思う。

今回は、とう骨の変位が特に大きく
月状骨、更には中手骨にまで影響していた。

本人希望により、部分施術だったが
早期に改善できた。

小指1本怪我をしても、防衛反応で体は歪んできます。
日数が経てば、更に歪みが固定、悪化していきます。

些細な怪我でも、早期の施術が必要となります。


当院へは近隣の豊島区・板橋区・北区・荒川区・新宿区・千代田区からも便利です。

スポンサーサイト

2008年09月24日 トラックバック(-) コメント(0)