頚肋症候群 文京区長谷川整骨院 痛み専門の治療院

頚肋症候群のページです。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--年--月--日 トラックバック(-) コメント(-)

頚肋症候群

70代 女性

手の痛み、冷え、頸をうまく向けない。

年内に症状を楽にしたいとの事で来院。
観察すると全体に歪みが強い。
歩幅が小さいせいか膝下の筋が緊張。頸部の緊張や肩甲帯の筋力が弱いので肩の高さが違うようだ。

基幹の型を施し頸部回旋確認すると、向きにくい。
肩部の膨隆が気になる。 第○肋骨の位置が悪いのだろう。

4回目の施術で特にこの膨隆部を意識し行う。
すると今迄より随分向けるようになる。患部の緊張も取れている。
その後2回施術すると、もっと向けるようになっている。勿論。緊張部も軟らかい。
手や肩周囲、身体全体が楽になったようだ。
観察で顔の歪みがあったのだが、改善している。
この部分は患者さんに伝えませんでしたが・・・

この調子だと年内で終了できそうです。


当院へは近隣の豊島区・板橋区・北区・荒川区・新宿区・千代田区からも便利です。

関連記事
スポンサーサイト

2007年12月17日 トラックバック(0) コメント(0)












管理者にだけ公開する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。