膝関節痛 文京区長谷川整骨院 痛み専門の治療院

膝関節痛のページです。

膝関節痛

高校生 男子

1週間前にボーリングで負傷
病院でレントゲン、MRI診断
その結果、半月板の疑いはあるがわからないとの事
負傷時は関節の曲げ伸ばしが困難だったようだ。

歩行させてみると、そんなに悪くない。
半月板の疑いがあるようなので検査しても痛くない。
患部をみても悪くない。
周囲筋や靭帯なども悪く無さそうだ。

おそらく関節の不具合が生じてた可能性がある。
来院時に歩行も出来、正座も出来ている。

しかし、屈伸困難な症状になるのは、原因がある事。
この原因を正さなければ、再発や習慣的負傷になりやすい。

付き添いの父親に確認してもらいながら、手法を行う。
特に腹屈時での捻れ、正中からずれた形。
上肢バンザイでは左腕がかなり外に流れる。
背部膨隆の左右差もある。

説明しながら、一つ一つ施術後の変化を確認してもらう。
捻れやバンザイの流れもピタリと改善。
両上肢も楽に上がるようになった。

今回の膝負傷の原因も丁寧に話し、日常の生活動作や注意点も伝える。
もし痛いようだったら来院するように伝え終了した。

病院の検査で原因がわからないと患者さんは不安になります。
また原因がわかるとその症状や動作を理解できるので改善や心構えも違ってくる。

今回のようなケースは時々あります。
例え負傷後に痛みがなくなっても、身体に原因があります。
その原因を改善しない事には、同部の負傷に限らず、怪我や病気にかかりやすくなります。

そんな意味では、早期来院の判断は正しかった事でしょう。



当院へは近隣の豊島区・板橋区・北区・荒川区・新宿区・千代田区からも便利です。


関連記事
スポンサーサイト

2008年01月22日 トラックバック(0) コメント(0)












管理者にだけ公開する