オスグッド・成長痛 文京区長谷川整骨院 痛み専門の治療院

オスグッド・成長痛のページです。

オスグッド・成長痛

小学生 男子

バレーボールを週4日行い
膝が痛く、病院でオスグッドと診断される。

その後、近所の整骨院で1ヶ月間ほど通院したが
全く痛みが取れない。

自宅近くで治療を望んでいたが
早く良くしたいとの事で、電車を使い当院に来られた。

両足が痛み出して2ヶ月以上経過
初回、しゃがんでもらおうとしたが少し膝が曲がった程度
膝立ちから曲げてもらおうとしたが、やはり変わらない。

問診から視診、触診、歪み、重心を観察。

やはり間違いなくオスグッド。

立位片足立ちや踏ん張らせると、安定感無くバランスが悪い。
頸部や腹部中心に過緊張、普段から脱力がないのか
常に緊張しているようだ。

初回は頸部と腹部中心に緩める。
立位膝の屈曲は少し運動域が広がっている。

2回目は前回より効果がある。

3回目、筋緊張度はかなり良くなっている。
ここで片足立ちや爪先立ち等を確認させる。

膝の部分は全く触れず、2つの関節を調整する。
その後確認させると、先ほどは全く安定感が無かったが
きっちり安定し踏み込んでも今迄の痛みが軽減。

4回目の施術後確認するとしゃがめる。正座もできるようになっている(少し痛むが・・)

その後1週間間隔を空けさせ来院させる
施術後はどのような動きでも痛まないとの事。

この時点で終了とした。

どんな症状の方でも日常の生活習慣、身体の使い方がとても大事になる。

当院では患者さんに合わせ指導する。
気付かなかった事はかなり多い。

痛みや症状の原因を自ら作っていることが殆ど。

患者さんの中には治療しているから安心、または
治療しているから良くなるだろうと思っている方は非常に多い。

治療回数は少なく改善したほうが良いと思う。
的確な施術でなければ、またいつになっても改善しない。

個々の動きを指導しただけでみるみる改善する方もいる。
それでも定期的に施術を必要とする患者さんもおります。

いずれにしても自分の症状や痛みが何故発症しているのかを
十分な説明により良く理解することが特に必要なのです。



当院へは近隣の豊島区・板橋区・北区・荒川区・新宿区・千代田区からも便利です。


関連記事
スポンサーサイト

2008年06月29日 トラックバック(-) コメント(0)












管理者にだけ公開する