腰部捻挫 腰を反らすと痛む 腰痛 文京区長谷川整骨院 痛み専門の治療院

腰部捻挫 腰を反らすと痛む 腰痛のページです。

腰部捻挫 腰を反らすと痛む 腰痛

前屈みの作業を繰り返し行ったところ
腰痛を発症した50代の男性。

主訴は体を反らすと痛み、腰背部の緊張が強いようだ。
前屈みをさせると腰椎の動きが悪く、
あきらかに股関節で上体を動かしている。
伏臥位と立位で脊柱のカーブと身体の傾きを観察すると
特定の筋が過緊張を起こし、姿勢を変位させている。

伏臥位で原因となる部位を持続的施術
その後、立位で反らせると運動域が大きくなる。
再度伏臥位で施術し、今回の痛みの原因を伝える。
そして立位で痛みの消失を確認し、
運動域の増大も確認していただく。
その後、身体の使い方と注意点を伝える。

2回目来院時は可動域をある程度維持し、
痛みも殆ど取れており、4回の施術で終了した。



当院へは近隣の豊島区・板橋区・北区・荒川区・新宿区・千代田区からも便利です。

関連記事
スポンサーサイト

2009年08月31日 トラックバック(-) コメント(0)












管理者にだけ公開する