痛みや症状に合った根本治療、整体であなたの痛み解消します。ランニング障害,成長痛,オスグッド,シンスプリント,椎間板ヘルニア,ギックリ腰,坐骨神経痛,交通事故,歪みでお悩みの方。東京都内,近隣県からも来院されます。      

頸痛 (ストレートネック)
2007-05-23 Wed 20:19
40代女性  長時間に及ぶデスクワークの方、肩こりを
        主訴として来院
1~3回目  楽になり姿勢もよくなるのだが、日常の生活習慣(仕事上)で、繰り返すようです、多忙の為どうしても来院間隔が開いてしまう事も原因の一つでしょう。視診、触診でストレートネックの疑い。手法すると改善、3度の施術でも、以前よりは調子がいいようだ。この場合頚椎枕も必要となります。

ストレートネックとは、生理弯曲が失われ、歩行時や過度の運動での衝撃時、うまく椎間板がクッション役になれずに頭頸肩部に衝撃しやすくなります。それにより頚椎やその周囲筋に負荷がはいり、肩こり等になります。  
また、デスクワーク時では、下を向く事が多く猫背になり、頭部が前に位置する為、本来の重心を越えます。そうすると、重い頭を支えようと頸肩背部が緊張します。が、それだけではありません、例えば正しい姿勢時に大腿下部裏(膝裏近く)を触れていてください、その後、猫背し頭を前に突き出して下さい(あごをイメージ)すると腱がピーンと緊張しますよね。皆がそうとは言えませんが、長年事務職の方が、膝屈曲硬縮なりやすいのも、このためです。 当然頸部が悪いと、弯曲上腰痛も患いやすくなります。 身体の一部に負荷が加わると、当然各所が正常となれないのです。 ストレートネックだから、肩こり等と思わず、普段の日常生活、意識して気を付けましょう。

予防としては、頸部周囲のストレッチは逆に症状悪化させるかもしれません、神経とかに牽引が加ってしまうような・・ 肩甲帯周囲筋の強化や体操、頚椎枕などで、しっかり頸を保持させましょう。まだまだ注意点はありますが、

それでも改善しない方、早く楽になりたい方は、リンク先の療法専門学院のリンクから、全国各所、お近くの院へどうぞ・・

近隣の豊島区・板橋区・北区・荒川区・新宿区からも便利です。



関連記事
スポンサーサイト
別窓 | 頸痛 | コメント:0 | トラックバック:0 |
<<膝痛 (脂肪パッド損傷) | 文京区長谷川整骨院 痛み専門の治療院 | 不眠症(睡眠障害)>>
この記事のコメント
コメントの投稿
 

管理者だけに閲覧
 

この記事のトラックバック
トラックバックURL

FC2ブログユーザー専用トラックバックURLはこちら


| 文京区長谷川整骨院 痛み専門の治療院 |

RSSフィード

フリーエリア

最近のコメント

最近のトラックバック