ばね指 (弾発指) 文京区長谷川整骨院 痛み専門の治療院

ばね指 (弾発指)のページです。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--年--月--日 トラックバック(-) コメント(-)

ばね指 (弾発指)

ばね指は、最初に腱鞘炎から始まりますが、握る事が繰り返され、腱と鞘が摩擦し鞘の中で腱上に小結節が形成される。腱鞘は刀と鞘のような関係なので腱鞘と言います。本来スムーズに動く関係なのに、悪化するとロッキングが生じるのです。 この症状に有効な治療法は少ないと思いますが、自然形体では対処できます。 先日来院の40代の方、拇指のばね指、屈伸どちらも弾発音あり、日増しに痛みがあるとの事。
基幹の型で歪みを整え、最も有効な手法をいくつか施し、6回で終了しました。来院数は症状の程度にもよりますが、やはり早めの治療が良いでしょう。 普段の握る動作を必要最小限にする事が大事です。どうしても曲げる癖のある方は、末節に紙テープ等を巻いておくのもいいでしょう。

関連記事
スポンサーサイト

2007年05月25日 トラックバック(0) コメント(0)












管理者にだけ公開する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。