痛みや症状に合った根本治療、整体であなたの痛み解消します。ランニング障害,成長痛,オスグッド,シンスプリント,椎間板ヘルニア,ギックリ腰,坐骨神経痛,交通事故,歪みでお悩みの方。東京都内,近隣県からも来院されます。      

背部痛・痺れ・脊柱側弯症
2011-07-27 Wed 22:05
1ヶ月あたり前から
背中から腰にかけて痛みがあり
足先にも時々痺れが現れると話される30代女性

ここ何年か前から同じような症状があり
整形外科で検査しても異常はないと言われ
湿布をするか運動を指導されたとの事。
不快なときは整体やマッサージに通い
凝りをとれば楽になると言われていた様だ。

痛みや不快な原因を聞いても
決定的な原因は無し。
曖昧な痛みや感覚があるので
姿勢と特徴から脊柱側弯症に似た症状だと伝える。

側弯症とかは昔言われた記憶はあるが
そんなには気にしていなかったとの事。

側弯症は児童期や思春期に発症する事が多く
コブ角で脊柱側弯症と診断される事を説明し
身体の歪み方から見てもおそらく経過観察程度の
状態だったので診断的には側弯症とは
言えなかったのではと伝え、
機能的なタイプだと形は整うが
一応S字型で器質的なタイプで背部と対側腰部の
膨隆は取り切れない事も伝える。

説明で少し安心したところで施術を行なう。

右胸部の膨らみと左の突出部、
それにバンザイで左が伸びにくいのを確認してもらう。

痛みや不快を訴える各所を触診し
方向を検査し持続的な施術を施す。

側弯部の膨らみは差ほど変わらないが
突出部は軽減しバンザイは健側と同じくらい伸びるようになる。

次の来院時、痛みや不快は半分に減り
それだけでも楽になったと話される。

治療はこの繰り返しとなったが
3回の施術で日常気にならなくなったようなので終了した。

注意点として骨を支える筋肉は体力とともに
減る事を簡単に話し、この場合体力が落ちた時に
特に症状は出やすくなるので日頃の運動は欠かさないように伝えた。

脊柱側弯症の痛みや不快な感覚は
障害部の組織構造変化を整える事で楽にはなります。



当院へは近隣の豊島区・板橋区・北区・荒川区・台東区・練馬区・新宿区・千代田区からも便利です。



JR山手線・巣鴨駅下車徒歩6分 近くにコインパーキングがございます。
関連記事
スポンサーサイト
別窓 | 肩背部痛 |
| 文京区長谷川整骨院 痛み専門の治療院 |

RSSフィード

フリーエリア

最近のコメント

最近のトラックバック