痛みや症状に合った根本治療、整体であなたの痛み解消します。ランニング障害,成長痛,オスグッド,シンスプリント,椎間板ヘルニア,ギックリ腰,坐骨神経痛,交通事故,歪みでお悩みの方。東京都内,近隣県からも来院されます。      

膝関節外側の痛み・腓骨付近の痛み・ランニング障害
2012-04-11 Wed 21:24
三か月前から膝の外側に痛みがあり
走っていても痛みが出たら急に走れなくなると話される20代男性
整骨院に通っていたが痛みは逆に増してきているので
治したい思いでネットで調べて来られる。
痛みの状況を聞き出し検査後、調整する。
施術の度に改善し3回で終了した。



遠方からの出張に合わせて
踵の痛みで来られた30代男性
膝の外側の痛みが長い間の通院リハビリで
随分改善していると話されたが
痛みはまだ残り、痛みのはっきりした原因がわからないようなので
踵の痛みの施術のついでに行う。

遠方なので1回の施術で終了したが
2日後のハーフマラソンの結果報告をメールで下さり
記録は自己ベスト。
膝の痛みは全く出なかったとの事。
踵は完走後が一番痛かったが
指導して頂いた痛みの取り方で
徐々に痛みが取れて来たとの報告。



膝の痛みで走れないとの事で
遠方から来られた主婦のランナーさん。
普段は地元の整骨院に通われ、
整形外科の診断も含め
痛みの原因は腸脛靭帯炎と診断されたようだ。
走れないが出来れば1週間後の地元の大会に
出場したい思いでネットで探されご来院される。
腸脛靭帯炎の診断だが、痛みの原因は違う事を伝える。
1回の施術で痛みは半減。
3回施術で殆ど痛みが取れて大会に出場される。
その後、結果報告を下さり
痛み無く、いつものタイムでゴール出来たので喜ばれていた。



膝関節外側の痛みや腓骨付近の痛みのランニング障害で
長期間痛みが取れず全く走れずに困っているランナーさんは多くおり、
毎月数人は来られます。

体の歪みやバランス、疲労や筋肉の硬さが原因と言われる方が多く
腸脛靭帯炎と診断される方も多くおります。
痛み改善の為にランニングシューズの見直し、インソール、サポーター使用。
アライメントの矯正や骨盤調整などは間接的に改善があるかもしれませんが
この症状の場合、痛みの原因を直に取った方が早いでしょう。




当院へは近隣の豊島区・板橋区・北区・荒川区・台東区・練馬区・新宿区・渋谷区・千代田区からも便利です。



JR山手線・巣鴨駅下車徒歩6分 近くにコインパーキングがございます。

関連記事
スポンサーサイト
別窓 | ランニング |
| 文京区長谷川整骨院 痛み専門の治療院 |

RSSフィード

フリーエリア

最近のコメント

最近のトラックバック