椎間板ヘルニア・坐骨神経痛・ランニング障害 文京区長谷川整骨院 痛み専門の治療院

椎間板ヘルニア・坐骨神経痛・ランニング障害のページです。

椎間板ヘルニア・坐骨神経痛・ランニング障害

椎間板ヘルニアと診断されて来られた女性

ランニングをされる方で3年前からの腰痛が治療をしているのに治らず
悪化しているので整形外科で診断した結果が椎間板ヘルニア。

医師にはランニングを控えるように言われ
自分でも椎間板ヘルニアでサイト検索したが
あまり前向きな事が見つからず悩んで来られる。

症状はランニングでのストレッチで痛む。
ランニング中や通勤時立っている時の痛み。
階段歩行で痛む。
前後屈痛。
お尻周りの違和感痛みでランニングの距離が伸びない。
坐骨神経痛と言われた膝から下の痺れ。

検査ではヘルニア特有の検査で陽性反応はあるが強くはなく、
立位前屈では起立筋の緊張、後屈痛は大腰筋の緊張が可動域制限を与えているとお伝えし、
立位や階段歩行痛は腰椎下部の前後運動によるものと動きの中で伝える。
更に整形外科で坐骨神経痛と言われた膝から下の痺れの原因、
お尻周りの違和感痛みでランニング出来ない状態の原因を動きも交えてお伝えする。

この場合は椎間板ヘルニアが痛みを出し
ランニング出来ない状態をつくっていない事を話し施術を行う。

瞬時の歪みの調整後、緊張する筋を解放すると可動域が増す。
膝から下の痺れの原因を取っていくと痺れは半減。
股関節も痛みを長引かせる現象の一つなので調整し関連する膝足関節を整える。

お尻周りの痛みの原因部を説明しながら施術する。

初回施術で症状は半減以下、違和感程度かもしれないと話されて
日常の注意点と動き、特に強いストレッチは避けるように指導する。

ランニングを続けさせながらの施術となり1月合計6回の施術で終了した。


椎間板ヘルニアと坐骨神経痛の診断名で落ち込む方が多くおりますが
症状を出している所を探し出し施術する事が改善消失に繋がります。



当院へは豊島区・板橋区・北区・荒川区・台東区・練馬区・新宿区・渋谷区・千代田区から便利です。近隣の文京区千石,白山,本駒込,小石川,大塚,向丘,豊島区巣鴨,駒込,南大塚の方も便利です。


JR山手線・巣鴨駅下車徒歩6分 近くにコインパーキングがございます。

関連記事
スポンサーサイト

2013年06月09日 トラックバック(-) コメント(-)