ランニング障害(鵞足炎) 文京区長谷川整骨院 痛み専門の治療院

ランニング障害(鵞足炎)のページです。

ランニング障害(鵞足炎)

ランニングや過度に屈伸を行う方で、縫工筋、半膜様筋、薄筋の三つの筋が重なり付着した所の収縮力や張力で炎症し痛みが発生する事です。

膝屈曲でハム筋に抵抗を加えると痛みが増大します。
また膝が内側に入り回内足の方にも現れやすいです。

この症状の患者さんは、筋の緊張や身体の歪みがあります。この歪みを正さない限り、患部だけ治療を行っても改善しません。

自然形体の基幹の型で歪みを正せば、患部へのストレスが取り除かれますので改善に向かいます。


自然形体は原因療法、根本療法なので、より早く改善する事ができるのです。

この療法、詳しくは当院、または療法学院のリンクからお近くの院へお問い合わせ下さい。

関連記事
スポンサーサイト

2007年06月12日 トラックバック(0) コメント(0)












管理者にだけ公開する