腰椎椎間板ヘルニア 文京区長谷川整骨院 痛み専門の治療院

腰椎椎間板ヘルニアのページです。

腰椎椎間板ヘルニア

ランナーの好発年齢は30~50代、低身長、関節の硬さ、ランニングスタイルの変更があげられる。

症状は脊柱の前屈痛や下肢痛、腰痛、躓きがある。

ランニング開始の時期は下肢痛が軽減した段階でのウォーキング、ジョグへの移行が最良だろう。

治療として一般的には、保存療法からストレッチ、筋強化とありますが、早期の改善には、やはり自然形体療法がお勧め。

損○の手法もいくつかあり、自然形体独特の施術法だ。

詳しくは、当院またはリンク先へお問い合わせ下さい。



近隣の豊島区・板橋区・北区・荒川区・新宿区・千代田区からも便利です。


関連記事
スポンサーサイト

2007年06月24日 トラックバック(0) コメント(0)












管理者にだけ公開する