腰椎椎間板ヘルニア・坐骨神経痛・足のシビレ 文京区長谷川整骨院 痛み専門の治療院

腰椎椎間板ヘルニア・坐骨神経痛・足のシビレのページです。

腰椎椎間板ヘルニア・坐骨神経痛・足のシビレ

手法の一つ腰背部○○静圧で腰椎棘突起の外側で筋の緊張や弾力性を失い、背筋全体でも筋の膨隆もなくへこんでいる場合、多裂筋の機能低下が考えられる。

多裂筋は脊柱分節の安定に重要な筋と考えられる、とくに腰仙の部分で強力になる。

多裂筋や前縦靭帯が低下すると腰痛の原因になり椎間板障害にもなりやすいと思う。

今迄も数人このような椎間板ヘルニアの患者さんを施術している


手法で伏臥位と仰臥位での歪みは必ず正し、○元法は有効

必要なトレーニングも指導すると早く改善できます





近隣の豊島区・板橋区・北区・荒川区・新宿区・千代田区からも便利です。

関連記事
スポンサーサイト

2007年07月30日 トラックバック(0) コメント(0)












管理者にだけ公開する