ローテーターカフ(回旋筋腱板) 文京区長谷川整骨院 痛み専門の治療院

ローテーターカフ(回旋筋腱板)のページです。

ローテーターカフ(回旋筋腱板)

カフ筋は肩関節の運動で肩峰と上腕骨に挟まれ損傷を受ける。

急激な外力や習慣的な摩擦が原因。

痛みを起こさない為には肩甲骨と上腕骨の動きの協調性。

三角筋の滑液包炎が無い状態。

骨頭と関節窩の潤滑状態。

カフ筋の損傷が最小限な状態が必要になる。


改善が長引く原因の一つは
腱の微細断裂の場合、血行不十分なので危険ゾーンとなるのです。


自然形体の施術では、手法が数え切れないほどあります。

手法を行いながら原因を突き止め改善させていきます。

この症状で当院に来院される患者さんは多数おります。

歪みを整える事がまず早期改善の近道になります。

その後、患者さんの症状に適した手法を行います。

手法の一つ○○○○での改善が多いですが

以外に○○法が効く事もたくさんあります。

日常生活指導も大事になりますが、

やはり早期改善には自然形体療法をお勧めしたい。










関連記事
スポンサーサイト

2007年09月25日 トラックバック(0) コメント(0)












管理者にだけ公開する