ギックリ腰(腰部捻挫) 文京区長谷川整骨院 痛み専門の治療院

ギックリ腰(腰部捻挫)のページです。

ギックリ腰(腰部捻挫)

20代 男性

不良姿勢で重い物を持ち上げた時負傷、その後一ヶ月くらい調子が悪く昨日あまりに痛く今日来院した。

歩行は出来ているが前屈が殆ど出来ない、反る動作は恐る恐るだが出来ている。痛い場所を触ってもらうと左腰部、確認すると椎間板ではない。寝返りはかなり痛そうだが安静時の痛みはなし、内科的疾患が無い事も確認し施術開始。

伏臥位時胸腰椎移行部で大きな歪みがある。
仰臥位での寝返りは痛む、反対側からの寝返りは痛くない。左向きからの寝返りが痛むので○○の捻れの角度と連動を意識し手法施す。全く痛まない所を探し5回行った。その後同じ動作をさせると痛くない。今迄の痛みを覚えているので恐々動いている。不安な気持ちがわかるので、軽く肩部と腰をそっと触れて安心感を与え普通に動いてもらうとスムーズに寝返り出来た。もう1回同じ動作時も痛みなし。

最後に立位で確認、前屈は先程より出来てはいるがやはり不安な顔。
少し○に捻りながら前屈するのが一番嫌ですよね?と聞くと・・そうなんですよとその動作を行い始めた(笑)
あの胸腰椎移行部の歪みが物語っている!!
この動作でも対側は傷まない、全てがそうとは言えないが椎間関節の捻挫と判断。ここでも同手法を5回行い確認させる。すると全く痛みなし。同じ動作を再度確認し施術を終了した。

帰り際、楽に靴履けてますよ・・と一言言い残し帰られた。

今日のような患者さんは本当に多い。
しかし椎間板を負傷していなければ早期に改善する。
負傷原因は動作にあるが、本来の身体の動きが出来ていない。
腰痛の場合多くの整形外科や治療院は患部だけしか治療しない。
全体を診る熱心な治療家も増えてもおります。

動作時の負傷が多いと言うのは動作時の身体に問題がある。
○○の柔軟性が失われると特にダイレクトに下部腰椎がストレスを受ける事になります。習慣的な負荷となれば負傷は避けられません。

この療法は一つの疾患でも全体の施術を行い、身体の静や動どの状態にも対応が利くので早期改善できるのでしょう。



近隣の豊島区・板橋区・北区・荒川区・新宿区・千代田区からも便利です。

関連記事
スポンサーサイト

2007年10月31日 トラックバック(0) コメント(0)












管理者にだけ公開する